家庭用排水

先日は京都の染色業の排水について
書きましたが、ところ変われば排水の方法は変わり、
同じ古都 奈良県では家庭からの
排水による水質汚染に悩みます。


まだ整備されていない地域などから
家庭の台所やお風呂の排水口から
直接、川や海へ流れてしまいます。


奈良県の大和川は
全国河川水質ランキングで
過去3年間(H17~19年度)ワースト1になっています。
(奈良県 県民だより平成21年 2月号・大阪府 もっとキレイに!大和川 令和2年7月 参照)


年に数回、奈良に仕事の打ち合わせで
大和川を通りすがり見るのですが
この間は鳥が羽やすめをしているのを見ると
とても嬉しくなりました。(^^)


ワースト上位と言っても
全国的に年々水質が
改善されているみたいで、
大和川も同じように
綺麗になっていると感じました。


一枚の布巾で
石鹸、洗剤を使わず、
汚れを落とす事で
川の水質改善につなげようと
ご尽力された廣田益久さんがいます。


廣田益久さんは
日本がバブルに沸いてた80年代。
加速度的に大量生産・大量消費が
推奨される時代の真っ只中で逆走をはじめ
ほんの百年ちょっと前の昔の人がやってきたことを
見習って布作りしはじめた偉人です。


当時主流の画一的な生産方式ではなく
人の手を介した手つむぎや、ガラ紡機で
純朴さ巧みに満ちた糸をこしらえ始めます。
その糸は収穫した綿花のわた状の部分をほどよく残しながら
撚りを加え、適度な凸凹のある糸を紡ぎます。


そして風合いを損なわないように
ゆっくり織りあげられた素朴な布巾を作りました。
それはたくさんの水を含む構造になっているため高い吸水率があり、
繊維の中の水分が一杯だと油分などの布巾の表面の汚れが中まで入らずに
表面の凹凸との相乗効果で汚れを落とします。


上記の効果で台所の食器や体を洗い
石鹸・洗剤を使わなくて良いことが
結果、川を汚さないことにつながると
廣田益久さんは考えられました。


自分たちの暮らしにも
ガラ紡布巾は食器を拭いたり
身体を洗うものとして取り入れてます。


布巾を使って顔を洗うときは
石鹸を使う必要がないのかなと
感覚として思います。
だけど日々洗剤は使います。


暮らしを見直してみると
必要以上に洗剤を使っている事が
あるかも知れません。


少しずつですが、意識して
改善していきたいと思っています。


大和川の事を思い浮かべると
近くに流れる美しい川は
当たり前のようで
当たり前でないんだなと
思います。


どの町、どの日常にも
川は流れていると思います。


よろしくお願いします。


正藍染ふきんの取扱店舗

自然食品館「れもんの木」 
〒414-0035 静岡県伊東市南町1-1-8

前のよみものへ

次のよみものへ

よみもの一覧へ
お知らせ

最新の情報はSNSをご覧ください。

インスタグラム
お買い物
通信販売
染め依頼
染色依頼
お問合わせ
メール

Copyright © kazetuti.com 2021.