模様と色のつながり

 

波紋、砂漠の風のあと、葉脈、

カタツムリ、蜂の巣、雪の結晶など

観察すると自然界は複雑だと思っていたら、

じつは規則的な模様が隠れています。

我が家の近くにある山々や川の流れ、

生息している動植物が教えてくれる。

 

新しい模様は植物の細胞の力強さや微生物や菌を

イメージして描きました。染色方法は藍染め(化学建て)です。

タペストリーやテーブルクロス、

小物つくりにいかがでしょうか。

近日、通信販売ページに掲載しようと思います。

 

藍染めですが、インド藍を使用して

化学の力を借りています。

 

ハイドロと水酸化ナトリウムを使用

 

具体的に言えば、助剤として

水酸化ナトリウムとハイドロを用いていますが、

大地と水にどれくらい影響があるか、

アルカリの調整なので問題がないようにも思えますし、

盲点が隠れているようにも思えます。

まだまだ勉強が必要です。

 

来年は藍染めに移行すること、

そうすることで、この模様と藍の色を作る微生物が

手を結び深い味が届けれると思います。

 

来年は藍について深く知り、

たくさんの人に届けれるように邁進してきたいです。

それではまた。