正藍染の木綿靴下

 

晩夏を過ぎて、すっかり季節は秋めいてきましたね。

 

夏の暑い日々に涼感をもたらし、

紫外線から肌を守る正藍染で染めた布は、

冬のこれからの肌寒い季節には

「遠赤外線効果」により体を温めてくれます。

 

 

この投稿を書いている当の本人は

ほんの1年半前、師匠に出会うまでは

藍染布が活躍するのは夏だけのものと思っていた口です(^^;

 

 

なぜ日本人が生活していく中で

藍染が使われて続けてきたのか?

 

 

その問いに対して夜な夜な考えていましたが

藍染には日本の風土の中で

一年中 快適に過ごせる機能性を持っていた事が

理由の一つにあったと思います。

 

 

  • - - - - - - - - - - - - - - - - 

明治大正のころ農業中心だった

中伊豆町の冬の野良着(仕事着)は

男性は襦袢の上に着物を着て三尺帯を締め

絆天(はんてん)や胴服(どうふく)を着用していました。

女性は野良絆天(あわせ・綿入れ)を着ていました。

 

自家製の絹布や木綿の生地反物を織り

紺屋へ持って行き藍染をして

自分たちで仕立てて着ていました。

 

(参考書籍  中伊豆町誌 平成6年 第8章 民俗 第1節 衣食住 p.261 より参照)

  • - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

因みに紺屋は旧天城街道にあり

昭和初期に暖簾を下ろし閉められています。

 

絆天や胴服に藍染が用いられて

遠赤外線効果が寒さ対策として一役にない

寒さを凌いだのかもしれません。

 

昔から綿々と続く藍染めの目的は、

一年中 快適に過ごせる機能性を持っている事、労働や洗濯に耐えるものとして色落ち・色移りしない、抗菌効果、紫外線遮蔽、遠赤外線効果などです。

 

 

少しだけ話が逸れますが、

上記にある効果効能は世の中にある「藍染」全てに当てはまりません。人造藍や化学染料が日本に入ってきた100年ちょっと前から、効果の無い藍染や色落ち色移りする藍染など色々と出現してきました。「藍染=色落ちする」ではないです。(※正藍染以外の藍染を否定はしてないです。念のため)

 

 

なので一年中 快適に過ごせる機能性を持つ正藍染を洋装が主流の現代の暮らしにも役立てれるのではないかなと考えます。例えば靴下はどうでしょうか。

 

現代ではアスファルトやコンクリート、

フローリングなど舗装されている場所で

生活する事が多く、

直接の原因ではないかも知れませんが

足の冷え性につながっているのかなと思います。

 

夏は汗を吸ってくれて、冬は温かい

年中使えてご家庭のお洗濯にも使える

ガラ紡木綿靴下を正藍染で染めました。

裏側がガラ紡糸で編んだパイル地が

足裏を優しく包み、正藍染の遠赤外線効果と

ガラ紡糸の凸凹で足裏を刺激し血行を促進し

暖かくしてくれます。

足首の部分はゆるめのゴム編み二重構造で、

中のゴムが肌に直接触れないようになっています。

なのでお休み時の足元の冷え対策に適していると思います。

 

余分な締め付けもなく、汗をかいてもしっかり吸収、正藍染の効果により汗臭くなりにくいです。

もちろんルームソックスとしても、

重ね履きの外側ソックスとしても十分活躍してくれます。

 

※綿はかつて一度も農薬・化学肥料を使ったことのない

 大地で木棉を栽培し手で収穫したものを使用しています。

 

履く方の環境により、消耗する具合も異なると

思います。そしてまだまだ染め方・素材の知識に対して未熟な点が多々あり改善に繋げていきたいと思います。アンケートを添付しています。色落ち・色移りの有無や使用感など

ご協力いただけると幸いです。

 

これからの冬の季節に

正藍染で染めた靴下の効果を

少しでも自身で実感できたら良いなと思い

冬の到来が楽しみです。

 

染める前と後の靴下を一緒に履いて

暖かさを体感していきたいと思います。

 

今週末のイベントに靴下をお持ちしますので

手に取って頂けたら幸いです。

 

わかる範囲ではありますが正藍染や風合いについて正確にお伝えできるように努めて参ります!

 

 

 

「アリイの冬と夏 2021 Re.8」

 

日時:2021年9月18日(土)14:00-20:00

           9月19日(日)9:00-16:00

場所:浜松市南区卸本町37

   浜松卸商センターアルラ全館他周辺ビル内

   「アルラ1階 玄関ホール」にいます。

 

入場料無料・雨天決行・無料駐車場250台ございます。

 

 

 

 


前のよみものへ

次のよみものへ

よみもの一覧へ
お知らせ

最新の情報はSNSをご覧ください。

インスタグラム
お買い物
通信販売
染め依頼
染色依頼
お問合わせ
メール

Copyright © kazetuti.com 2021.