いのちをいただくということ、たべること

いのちをいただくということ、たべること

おはようございます。

絵理です。


今日は、今朝初めて体験させていただいた

いのちのお話。


最近、狩猟をされている方と

お知り合いになりました。

シカやイノシシ、罠を仕掛けて

自分の手で命を止め

自分で捌いていただく人。

罠にかかったら教えてやるよ。

タイミング合えば来な。

とおっしゃってくださってて

念願叶って

見させていただくことができました。


シカとイノシシ。

どっちもかかったって。


見てみたい!っていう好奇心じゃなくて

命あるものをいただいている以上、

知らないわけにはいかない。そう思って

山に入らせてもらいました。



そこにいたのは、

木につながれた罠にかかっているシカ。

道具ひとつきで1つの命が止まりました。



もう1つの山には檻の罠にかかったイノシシ。

そこからどうにかして逃げようと

檻に顔をぶつけて鼻のあたりはずるむけ。

最後まで生きようとしていました。


お店に並んでいる

捌かれた後のお肉やお魚。

当たり前やけど、そうなる前には生きていた。

だから、ちゃんと感謝していただくんやで。って

言葉では教わってたり映像で見たりはしてた。


命が終わっていく現場は

知っている人が亡くなるのとはまた

違う感覚やった。

動物だって自然死する。

そうなると、他の動物が食べたり

土に還って行ったりするのかな。


でも、人の手で終わらせた命には

その後がある。

食べる人の身体に入る。

そうならなかったものはただ捨てられるだけ。


ただ捨てられるだけなんて

そんなことは決してあってはいけないと思った。

命が終わる瞬間を見れたから

なおさらそう思えるんやと思う。


ひとつのいのちをいただくということ。

無駄にしてはいけない。

終わらせる時もいただくときも

感謝していただくこと。

それが、何かしらのいのちをいただいて

生きていく、人間の責任やと思う。


感謝。


前回のよみもの 二十四節気-立冬- 次回のよみもの 洋服の寿命について
よみものを書いた人

南馬 久志

草木の植物から色を頂き、手書きの模様で人々に素朴で優しいテキスタイルを届けたいと思っています。京都芸術デザイン専門学校ファッションデザインコース卒業後、京都の染工房で手捺染を学び、染織研究所の企画室にて8年間務めて、独立しました。旅と染織、土に還るをコンセプトに天然染料染めによるテキスタイルを発表しています。2019年12月には天然発酵建てを研究予定。

Japan Creation 2006 染部門入賞

2016年10月 京都恵文社 個展「自然と人のテキスタイル展」

> 作品と商品はこちら