少しずつ、自給率を上げる


少しずつ、自給率を上げる


こんばんは、絵理です。


4月末、男の子を出産しました。

ちいさなちいさな体で

息をして、泣いて、お乳を飲んで、寝て

一生懸命生きている姿を

間近で見ることができて感謝です。

母になった今、

地に足つけて私も生きるぞと、

見る世界が少し変わった気がします。


さて、世の中も大きな変化が起こっている今

自分に必要なことはなんだろうと考え

まずはお野菜を育てることを始めました。

自分の食べる分はできるだけ自分で育てる。

自給率を上げるということです。

欲張って、あれもこれもと手を出すと

結局どれもこれもダメにしちゃうから

両手に抱えられるだけの量を。

目の前に見えることから始めることが

大事なのだと思っています。


種は、農薬や化学肥料を使わずに

栽培された固定種のものを。

体を作るものだから、そこも選びたいですね。


お野菜を育てて、明日へ繋ごう。


前回のよみもの 正藍染でお包を染めました。 次回のよみもの 敬意と経緯
よみものを書いた人

南馬 絵理

京都芸術デザイン専門学校ファッションデザインコース卒業。

関西発祥のフェアトレードショップで8年間務め、その時に

ものが作られる生産背景について学ぶ。

現在、かぜつち模様染工舎 洋裁担当。


> 作品と商品はこちら

よみものを読んで頂きありがとうございます。

日々の事、染めのことを書いています。
ご意見もしくはコメントをいただけると幸いです。