きもちのきりかえ

izu

きもちのきりかえ


おはようございます。

絵理です。


12月。年の瀬。師走。

なんだか慌ただしい言葉がいっぱい。

何もしてなくても

時間はただただ過ぎていって

心がせかせかしてしまって

考えているようで考えられていない

落ち着かない日々。

自分の心の持ちよう?

まだまだやりたいことがたくさんあるから

背筋正してピッとしよう。


深呼吸をするために

膝を立てて仰向けになる。

お腹の下の方に息が入るように

深く息を吸う。しばらく止める。

そして、フーッと吐く。

それに応えてくれるかのように

お腹はどくどく鳴る。

この反応がとても嬉しい。


よし、今日も1日を始めよう。



前回のよみもの 変わらない好きなもの 次回のよみもの 出店者紹介①
よみものを書いた人

南馬 絵理

かぜつち模様染工舎 商品企画担当、正藍染修行中
心身が健全であるという意味の「健やかさ」を落とし込み、使ってくださる方の日々に 寄り添えるようなものをお届けしたいと考えています。

> 作品と商品はこちら

よみものを読んで頂きありがとうございます。

日々の事、染めのことを書いています。
ご意見もしくはコメントをいただけると幸いです。

蒅(藍の葉を堆肥状に醗酵させた原料)を、堅木の灰と水を使用した灰汁だけで再び醗酵させて染め液を作り日本古来の藍染め(正藍染)で染依頼を承っております。