Joy of Pets

about back ground stories

正藍染
手紡ぎ
ストール

Japanese traditional indigo dye and hand spining yarn stole

多謝

正藍染 手つむぎストールの生産背景にご関心を頂きありがとうございます。

かつて一度も農薬・化学肥料を使った事の無い広大な大地で、 耕運・栽培・収穫に到るまで全て手作業を介した綿を使用しています。

紡ぐ

その後、手摘みした綿から萼(がく)や種を取り、わた打ちを行い、 糸車と呼ばれる木製の道具と人の手により糸を紡ぎます。 熟練した職人でも人の手で 1日わずか200g程度です。(8時間換算)

現在の一般的な機械紡績糸とは、 糸の構造が異なり、 本来のわたの部分を残した状態で 糸になります。

明治時代の動力織機でゆっくりと織り上げる事で 空気を含み、コシのある手紡ぎ木綿布が出来上がります。

藍の栽培

藍の葉を堆肥状に醗酵させた原料を蒅(すくも)といいます。 藍分を含む作物を栽培している藍農家と原料を発酵させる藍師を兼業されている方から購入しています。

このように出来上がった蒅(藍の葉を堆肥状に醗酵させた原料)を、 堅木の灰と水を使用した灰汁だけで再び醗酵させて染め液を作り 伊豆で藍染め(正藍染)を行っています。

特徴として風合いの良さ・非常に高い吸水と 紫外線遮蔽率、抗菌・防虫・遠赤外線等の効果が 挙げられます。また色落ちや色移りがしません。 化学薬剤処理などせず、 特別な色止め剤なども使用していません。

綿の栽培を担う綿農家、そして手紡ぎ糸を拵えるおばあちゃん達、動力織機による製織、補修まで工房内で各職人、国内の藍農家 兼 藍師など様々な職人が携わってくれています。たくさんの人の手を介するコトを大切にしていきたいです。