暮らしヒトトキ 2日目

染担当として店頭に立たせて頂いた
静岡伊勢丹 8階 催事場 「暮らしヒトトキ」2日目。
コロナ禍の中、お運びいただき誠にありがとうございます。

第三波が終息し、少しずつ客足が戻ってきたかなという印象です。
さて、今回実演販売として藍甕と糸車をお持ちしています。

百貨店催事に藍甕を持ち込む方法を考案されたのは、
紺邑の大川さんが始まりと言われています。
説明のため搬入方法を習わせていただき持ち込ませていただきました。

また一部の商品に手つむぎ糸を使用したストールを持参しています。
糸の形状の説明、藍が糸にどのように付着をするかを
糸の断面をご覧いただき、下手ではありますが説明を試みています。

昨日はお客様から
色落ち・色移りしないのが信じられないと、
驚かれる方が数名いらっしゃいました。

百貨店の中では、
藍染は色落ち・色移りするものとして、
広く周知されているなと実感していますが、
本来、藍染めは色落ち・色移りしないものと、
わかる範囲ではありますが、
説明を行っていきたいです。


本日は販売担当が暮らしヒトトキにてお待ちしております。
ご無理のない範囲内で御来店をお待ちしております。

暮らしヒトトキは12日(月)まで開催してます。(終日は16時まで)